みなさん、こんにちは。

本州へと猛進する台風21号。
当院でつい先日採用してブログでアップしたばかりの

『ジュビダームビスタボリューマXC』

のシンポジウムが東京で開催されたので、豪雨暴風の中、日帰りで東京出張をしてきました。

もともとクリニックは休診にしてはいましたが、開けていても荒天ではお客さまが来院できない。
結果的に、閉めて大正解でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

往きは朝8時半発。
空路で羽田入り。
上空、着陸時にそれなりには揺れましたが、遅延なく到着。

ここまでは順調。

機内で、隣の社長さんと思しき大柄な男性。
キャビンアテンダントに対して命令口調で、
「一切声かけしないでくれ。おしぼりもサービスもいらない!わかったね!」
となぜかキレ気味に指示していた。
離陸前からバチバチとせわしなくパソコンを触っておられる。
おお怖い。。。
忙しくて大変なんだろうけど、そんなオーラはいらないかな。僕が部下だったらこんな社長さんいらないなあ。
社員さん、いつも萎縮してられるんだろうか。

と思っていたら、離陸時にはパソコンを閉まって、爆睡状態(^ ^)

そっか、忙しくて相当眠かったんだね。
おつかれさまでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

会場は「虎ノ門ヒルズ」。
東京はなにをとってもスケールがデカい。
相当な圧迫感、何度来ても息が詰まる大東京。
田舎生まれの僕ですので、こんなところで暮らしたらどんどん萎縮してしまいそうです。

巨大ビルの写真を撮ろうと、傘を片手にスマホを持って見上げた、まさにその時。
台風なのかビル風なのか、傘の骨が折れるほどの強風にあおられて、一瞬でずぶ濡れに。
やむなく断念し、そそくさと会場へ。

普段参加している消化器内科の学会や研究会とは全く異なる雰囲気。
美容業界ということもあり、女医さんが非常に多く、また、みなさん、オシャレで上品。
出たことはないけど、芸能関係のパーティーを思わせるほどの華やかさ。

シンポジウムには、全国各地から300名くらい参加されていました。
交通費は、なんと主催者負担。
このシンポジウムにかける、彼らの意気込みをヒシヒシと感じました。

美容外科専門でないとタフな内容。
消化器外科出身、現消化器内科医の僕ですので、なんとか食らいつこうと休憩を挟みながらの5時間必死にメモを取り続けました。
辺りを見渡すと、僕のようにメモを取っている先生はほとんどおられない。
そんな簡単な内容じゃないのに、みんな本当に理解されているのだろうか。
さすがは美容専門医、知識量が違うんだろうな。

でも、
みなさんに負けないように勉強して、
『ジュビダームビスタボリューマXC』
のエキスパートになってやろうと、強く心に誓った次第です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『ジュビダームビスタボリューマXC』

~トータルフェイシャル治療を可能にした革命的なヒアルロン酸~

これまでのヒアルロン酸は、ほうれい線やマリオネットラインなど、線を埋めるだけの目的で使われていました。
この商品は、日本で初めて、

「ボリューム減少の改善」

を使用目的として製造販売承認を取得しました。

従来品のように単純に線を埋めるのではなく、
引き締め効果やボリュームアップ効果を実現するため、理論に基づいて系統的に注入していきます。
すなわち、

「トータルフェイシャル治療」

を可能にした革新的なヒアルロン酸です。

このシンポジウムを契機として、リフトアップ+ボリュームアップを新たな次元で実現させるべく、ヒアルロン酸治療のアプローチを変えていこうと考えています。

ウルセラトリニティプラスと融合させた
新たな当院オリジナルの治療法を確立していきます。

みなさん、どうぞお楽しみに!!

と、その前に、
HP掲載作業を早く仕上げないといけないですね。。。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『ジュビダームビスタ®ボリューマXC』
新規導入記念キャンペーン!!

ジュビダームビスタ®ボリューマXC(1.0ml、局所麻酔剤入り)を
2017年内の期間限定で、

通常価格 1本 ¥75,600(税込)
 → ¥64,800(税込)

にて施術させていただきます。
おそらく、他院さんより相当お安い設定となっております。

ウルセラリフト
トリニティプラス
との同時施術をご希望される場合は、さらに割引を検討させていただきます。

同時施術をご希望の方は、こちらまでご連絡くださいませ。
☞ t.hillsclinic@gmail.com

お電話、HPからもお申し込みできます。
みなさまのお待ちいたしております。

宝塚ヒルズクリニック