みなさん、こんにちは。

オリンピックも終わり、
高校野球も終わり、
そして夏の終わりを告げる猪名川花火大会も、伊丹の花火大会終わり、
9月に入りました。
朝晩はずいぶんと涼しさを増し、
喧噪の夏から静寂の秋へと、季節のうつろいを感じる今日この頃です。

7月まで全速力で走ってきたので、
この暑い8月は、夏休みをいただいたりで、
自分の時間を作ることができました。

10月にe-PLUSを導入したら、ウルセラとの両輪で、全速で走っていきたいと思います。


  今年の猪名川花火大会は、適度に風もあって終わりまできれいに見えました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

広島地方は、大変な盛り上がりです。

幼少期から、広島市民球場によく通っていました。
広島の塾にも赤い帽子をかぶって通っていました。
前回の優勝は25年前、大学生で関西にいました。
もちろん、黄色一色、素直に応援もできず、20年間本当にさみしかった、苦しかった。

3年前くらいまえから若手が急速に力をつけ、徐々に戦力が整ってきました。
スタートダッシュできたら、
1年間フルに戦えるスタミナがあるか、
首脳陣もベテラン選手も経験したことのない優勝への重圧に耐えうるだけの精神力があるか、
だけだと思っていました。

もうすぐ、もうすぐ、歓喜の瞬間が訪れます。
考えるだけで、熱いものがこみ上げてきています。
すでに、泣きそうです。


  今年は、ZoomZoom観戦ができず、毎日ウズウズしてます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

20日程度さかのぼりますが、
8月の夏休みを利用して、ある方にお会いするために東京四谷に行ってきました。

美容医療に携わるものなら知らないはずのない、美容レーザーに関しては国内で、いや世界でもこの方の右に出るものはいないであろう、
『クリニックF』藤本幸弘先生です。

藤本先生が『e-PLUS』の講演で来阪されたのが、6月でした。

レーザー美容業界の第一人者である先生が、わずか10人程度の少人数のために来られるという、僕からすると奇跡のような講演でした。
これまでの講演内容から選りすぐっていただいたようで、e-PLUSのみならず、さまざまな美容機器についての解説、クリニック経営のノウハウなど、いまの僕に必要な情報を余すことなく入手することができました。東京都心の一流クリニックと宝塚の小クリニックのレベルの差は歴然としていますが、美容医療に対する姿勢、経営のコンセプトなどについても共通点が多いことに気付かされ、心を揺さぶられ続けました。

興奮冷めやらぬうちに、数点質問させていただいたあと、『クリニックF』の見学を申し出てしまいました。
こんな機会を逃してはならないと、普段は眠っている本能が動き出しました。

そして今回、いつもお世話になっているJMECの方に取り持っていただいて、念願の『クリニックF』を訪れることができました。

このような機会はまたとないので、藤本先生も絶賛されている『e-PLUS』について質問内容を事前に考えてはいました。
しかし、いざお会いするとそんなことは吹っ飛びましたね。

一通り見学させていただいた後、食事に誘っていただきました。
先生ご自身への興味が勝ってしまい、本来の目的であるe-PLUSの話はできませんでしたが、本当に実りある時間を過ごすことができました。
JMECのお二方には大変感謝しております。

藤本先生、お忙しいところ、本当にありがとうございました。
今回の訪問で得たものを、今後の美容医療に活かしていきたいと思います。

藤本幸弘先生が院長をされる『クリニックF』はこちら
  ☞ http://clinic-f.com/

宝塚ヒルズクリニック