【医師不在、看護師施術で大やけど】
(先日のInstagram投稿に一部加筆してアップしています)

みなさん、こんにちは。

すでに目にされた方もおられるかもしれません。
先日の日曜日朝のこと。
前日になりますが、将棋の藤井聡太三冠が竜王のタイトル獲得した記事を読み漁っていたら、
衝撃のニュースが飛び込んできました。


『医師の無監視下で看護師が施術を行い、
顔や首の広範囲に半年程度の加療を要するⅡ度、Ⅲ度の熱傷を負わせた』
という記事です。


機器についての詳細な記載はありませんが、専門家などの話を総合すると、
5~10年くらい前に流行っていた高周波レーザーではないかということのようで、
当院が所持している《ePLUS》の一世代前の機器に該当するようです。
⁡やけど防止のための冷却ボタンを押し忘れたのが原因ではないかと推察されています。


※当院では本年度からリスクの少ない《Fotona4D》を導入しており、現在は《ePLUS》は使用しておりません。


どんな美容機器にはやけどのリスクがある

まず大前提として。
どんな美容機器にも、熱傷のリスクは少なからず存在します。
どれだけ熟練した施術者が行ってもリスクはゼロにはなりません。
それは、術前説明として必ずお伝えしておく必要があります。
100%安全な施術は存在しないことを、お客さまにはご理解いただいたうえでおお受けいただきたいと思います。⁡

《医師不在という常識》がもたらした事件

少しばかりの言い訳をさせていただいたところで、
今回の事件について考察をしてみたいと思います。

今回の事件を通じて、
私を含め、全ての医療従事者が医療行為の危険性を自覚し、
より一層、襟を正して診療に臨まなければなりません。


今回の”事件“は、
医師不在の看護師施術による傷害というところに本質があります。
これは多くの美容クリニックが直面している大きな問題です。
きっと、クリニックの経営者はハンマーで頭をどつかれたくらいの衝撃を受けた大はずです。
ちなみに、全メニュー院長が施術している当院では、和やかな中にも常に緊張感をもって施術しております。
今回の施術者(今回は看護師ですが)が異常になぜに気付かなかったのか。
熱傷だけは起こしてはならない、これだけの大やけどですので、施術中に患部は赤く腫れ上がっていたはずなのに…。

⁡安易な静脈麻酔の問題点

静脈麻酔にも大きなリスクが潜んでいます。
痛みを軽減できるので患者さんには大変喜ばれますし、
施術側も痛みを気にせず安心して施術できるので、お互いメリットはあります。
ただし、施術中にやけどが発生したときに、患者さんが異常な熱さや痛みに反応しにくくなるという大きなデメリットがあります。
また静脈麻酔下では、無意識に体を動かすことがあるので、非常に危ない。

当院もウルセラ当初は静脈麻酔を試してみましたが、お客さんが暴れてしまい施術を中止した苦い経験があります。
無麻酔で行うメリットはもちろん、あります。
意識のある中で痛み反応を見れるので、熱傷リスクは確実に軽減できます。
施術中に患者さんとコミュニケーションを取れて信頼関係を構築することができます。
ウルセラやサーマクール施術の20~30分間は、私にとっては大変貴重な時間となっています。
そういうわけで、当院では静脈麻酔は一切行っておりません。
痛みに不安なお客さんには、表面麻酔クリームと《施術中の会話でリラックス》させることによって痛みを和らげることができます。


本件とは無関係かもしれませんが、
施術時の患者さん側の肌の状態も考慮すべきです。
皮膚炎などで肌の状態が良くない時は、熱傷などのリスクが高く施術は避けるべきです。
稀にですが、どんなレーザー治療に対しても熱傷反応を示す方がおられます。
低出力で施術しても必ず熱傷を起こす特異体質ですので、レーザー治療そのものが禁忌です。


やけど発生後の対応はどうだったのか

本件が《事件化》した最大の理由は、
患者様への対応がまずかったのではないかと思っています。

どんな名医でも細心の注意を払ったとしても、不具合は起こり得ます。
本件では、いろんな不運が重なった可能性は否定できないまでも、
アフターフォローをきっちり行っていれば警察沙汰にはならなかったはずです。
何らかの事情があってか、過失を認めず謝罪もしなかったのでしょう。
逃げてはなりません、うまくいかなかった時にこそ、誠意をもって向き合わなければなりません。

⁡おひとりクリニックの当院は逃げも隠れもできません

当院は、美容クリニックでは大変珍しい、院長の完全ワンオペクリニックです。
看護師さんも事務員さんもいませんし、
受付、会計、施術はもちろん、お見送りも院長自身が行います。
施術以外で不愉快な思いをさせてしまうこともあります。
私の不注意でお客さんにご迷惑をおかけして叱られることもあります。
院長である私が全責任を負う覚悟はできています。
自身に非があれば、経緯を説明し頭を下げます。

9年間、それを続けてきました。
そもそも、逃げも隠れもしませんしクリニックが狭すぎて隠れるスペースもありません(笑)


とにかく深い美容業界の闇


今回の事件で、美容業界全体が抱える闇のほんの一部分が明るみになりました。
美容業界の闇は、こんなもんではありません。
まだまだあるでしょうが、これを契機にもっと膿を出して欲しいとすら思います。

しかし、オペ以外は医師は関わらず看護師任せという”業界の常識”は一時的には改善の方向に向かうでしょうが、
ほとぼりが冷めればまた元に戻るでしょう。
本件で家宅捜索が入っても、大した資料も押収できないでしょうし。
取材を受ける有名クリニックさんもあるでしょうが、当たり障りのない返答で終わるでしょう。
業界関係者は、一日も早い沈静化を心から待ち望んでいるでしょう。

看護師さんのいない当院には無関係な事件ではありますが、
これまで油断することなく、
みなさまの美の実現のために真摯に取り組んでいく所存でございます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

宝塚ヒルズクリニック公式LINE
▶友達追加のうえ、「キャンペーン情報希望」とメッセージをください。
▶大変お得なLINE限定キャンペーンをお送りいたします。
▶サプリもキャンペーン価格で購入できます。
☞ https://lin.ee/9ZWLXRT

宝塚ヒルズクリニック通販サイト
大人気美白化粧品や、医療機関専売サプリメントなど、
医療機関でしか購入できない『院長こだわり』の製品を扱っています。
☞ https://hillsclinic.thebase.in/
宝塚ヒルズクリニック公式Instagram
Instagramでは、症例写真を多数掲載しております。
その他、取扱い商品やクリニック情報も満載です!!
フォロー絶賛受付中です!!
アカウント:dr_yuji.hills
宝塚ヒルズクリニック