みなさん、こんにちは。

12月29日(火)をもって、無事に本年のすべての診療を診療いたしました。

今年一年、昨年以上に本当に多くの方にご来院いただきました。
当院ではすべての施術を院長一人でこなしております。11月くらいから来院客数が急増し、特に12月は一寸の余地のないくらいにギッチリと予約が入ってしまったものですから、受付でお待たせしたり逆に急がせてしまったり、こちらの不手際があったりで何かとご迷惑をお掛けすることが多かったかと思います。それでもみなさん、不平不満を顔を出されることなく温かく接して頂いたこと、本当に感謝しております。

今年一年、本当にありがとうございました。心より御礼を申しあげます。

そして、ウルセラリフトをはじめ、当院の高い医療レベル(自分で言うか?)を支えてくれている医療機器メーカーの担当者様、医療品輸入仲介業者の担当者様、僕自身の至らなさに起因する苦情などにもいつも的確に対応して頂いてくれているコールセンターのみなさま、同じビルに入っている人気ブティックのスタッフのみなさま、その他のすべての関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

それにしても、たくさんのお土産やプレゼントをいただきました。

梅田の某百貨店でも1時間以上行列をつくるらしい超有名なパン、全然知りませんが見るからに上品なワッフル、滞在先のアメリカでわざわざ僕のために選んでいただいたというワイン、そして、しょうゆの詰め合わせ、などなど。

本当に優雅な気分にさせていただきました(^-^)


高級ワッフルだそうですね。 


わざわざ僕のために選んでくれたそうです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年夏くらい、ちょうど開院して3年が過ぎたあたりからでしょうか、潮目のようなものが変わってきたような感じがしています。

国外からのウルセラリフトのお問い合わせが増えてきたんです。

明日帰国するので明日空港に行く前に受けて帰りたいとか、今度日本に出張するので是非当院で受けたいと本国からご連絡をいただいたり。いずれも予定があわなくて実現はしませんでしたが。

秋くらいからは中国からのお問合せが増えてきました。
中国では全顔で30万程度と少々高めらしく、なにより医療技術を信頼している日本で受けたいそうです。HIFU機器は数多くあれど、オリジナルでありブランドとして確立されている『ウルセラリフト』しか興味がない。ウルセラ以外の後発機器、いわゆる『ジェネリック機器』には目もくれない、とのことです。価格に関しては、日本でも都市部のクリニックでは当院の3倍もするようなところもあるので、一概に中国の方が高いとは言えないのでしょうが、技術レベルについては今の中国の医療水準を信頼していない自国民がいかに多いか、という他分野でも指摘されている中国の深刻な問題点をあぶり出しているようです。

医療における『爆買い』。

少し怖いですね。

ということで、来年はどんな展開が待ち受けているのかわかりませんが、一時のブームに決してはまり込んではいけないと思います。これまで築き上げてきた自分を見失うことがないよう、常に謙虚で、常にお客さま目線で接していきたいです。

まあ、来年のことはぼちぼち考えるとして、今はとにかく疲れを取りたいと思います。

来年も引き続き、宝塚ヒルズクリニックをよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

宝塚ヒルズクリニック