みなさん、こんにちは。

今日の阪神地方は雨でしたrain
昨日は梅雨の中休みで非常に蒸し暑かったので、この涼しさは助かります。
明け方は肌寒いくらいなので、風邪をひかないように気を付けないといけませんね。


Hibarigaoka,  Takadazuka   2015.6.6 

当直に向かう道中、自動車同士の追突事故でしょうか、国道が随分渋滞していました。
まだ警察も到着してない状況で、運転手同士が大声で口論をしているのが、かなり遠くからでも聞こえました。
事故を見ていないので何とも言えませんが、こういうのって大体、どちらかに過失がありますよね。悪い方が明らかだろうのにどうして口論になるんだろう、ひたすら頭を下げたらいいんちゃうの、って思いながら不思議な気持ちで通り過ぎました。まあ、100%過失を認めるとその後の補償面などで不利になりますから認めたくはない気持ちはわからないでもないですが。
雨だし、早く帰りたいでしょうし、余裕もないんでしょうか、仕方ないかな…。

くれぐれも雨の運転には気を付けましょうね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 レディエッセ・キャンペーン(鼻根部・法令線限定)
好評につき6月30日まで延長しました

鼻根部(0.3~0.4ml程度)
通常 40,000円 → 25,000円(税込)
法令線(1.0ml程度)
通常 70,000円 → 40,000円(税込) 

さらにオトクな『レディエッセモニター』も募集中。
詳細は、こちら
→ http://www.t-hillsclinic.com/blog/2015/06/post-1-1156127.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

四方山(よもやま)噺しに少しだけお付き合いくださいませ。

今晩も、先週に引き続き、王将での夕食。

というのは、当直前によく通っていた食堂と、当直まで時間があるときに仕事をしたりブログを書いたり結構利用していたネットカフェが閉鎖されてしまい、当直前ローテーションの一角を相次いで失ったため、やむを得ず王将を選択するに至ったのです。

店長は先週に引き続き、調理場を離れ、レジや接客に忙しそうでした。
いつもならフライパンを持つ手首に巻いていたサポーターの姿はなく、服装もフロア用なのでいつもより軽装でした。やはり手首の具合が余程悪かったのか、彼にとってはしばらく調理場を離れた方がよかったんだ。

ラーメンをすすり、餃子を頬張りながら妄想に更けるのでした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

王将でラーメンと餃子といえば、糖質制限のその後ですが。

最近は週に1度はラーメンを食べていますが、体重は変わりません。むしろ、なぜか油断すると減っていきそうな状態です。
以前のような体重に戻りたくないので、無意識のうちに余計なものは食べないようにしてしまっているんでしょうね。

今日、ある病院の看護師さんに言われました。

「先生、顔の印象がかわったんちゃう?」
… え、どういうこと?
「また、痩せた?」
… うん、まだ少しづつ痩せているのかもしれないなあ。
「これ以上、痩せたら貧相な顔になるよ。このくらいにしとき。」
… わかった。少しだけ体重を増やすよ。

ということで、1~2㎏くらい戻そうかなあと思う、木曜日でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ダイエットといえば、最近、毎日のように流れるテレビCMの「ブルルーッ、ブルルーッ」をやってしまう、あの『ライ〇ップ』。

最近、某雑誌が『ライ〇ップ』のダイエットメソッドについてあることないことを暴いて訴訟問題になりかけているとか。みなさまご存じのとおり『ライ〇ップ』は有名人をモニターに使い、客に厳しいフィットネスサービスを提供することで有名ですが、主たるダイエットメソッドが、実は完全な食事療法であることは案外知られていません。契約期間中、過度な食事制限を強いて無理矢理痩せさせることもあるようで、契約満了後はかなりの頻度でリバウンドを引き起こします。契約期間中はリバウンドに対する返金制度はありますが、契約期間が終わると返金されず、そこが大問題になっているようです。

過度なダイエット後は必ずリバウンドする、と太古の昔から言われているはずなのに。
糖質制限はお金もかからないし、無理な運動もいらないのになあ。
無理して痩せてないからリバウンドもしないのに、と苦々しく思うこの頃です。


Hibarigaoka,  Takarazuka   2015.6.6

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

糖質制限ついでに、もう一つ。

実は、糖質制限をされている糖尿病専門医がかなりおられるとか。
これまで定説であった糖尿病のカロリー制限がどうやら間違っているかもしれない、ということが、とうとう現場の先生にも浸透してきたのでしょうか。軽症例は薬なんか飲まなくても糖質制限をすれば治る可能性があることがわかってきたのです。
糖尿病患者にはカロリー制限、血糖降下剤、重症例にはインシュリン注射、という従来の古典的な治療法が、ひょっとしたら変わるかもしれません。

さ、頭でっかちのお偉いお医者さんが自らの地位と名声を誇示するためにある現在の学会が動くのか。
これまでの治療方針の方向転換ができるのか、糖尿病業界に革命が起こるか、我々は注目しています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以上、お付き合いいただき本当にありがとうございました。

ただいま、院長ブログ読者様のために、『ウルセラリフト』を少しでも安く、多くの方に受けていただくため、たぶん業界初、『曜日・時間帯別の新料金体系』の導入を検討しています。
7月に入ったらなにか発表できるかもしれません。
ちょっと先ですが、お楽しみに!

 

宝塚ヒルズクリニック