みなさん、こんにちは。

それにしても、王将ですよ。

王将さんは、いつまで僕に試練を与えば気が済むのでしょうか。
2019年末メンバーズカードを、やっとの思いでゲットしたばかりというのに、
2020年明けて今度は、ワンランク上の『プレミアムカード』取得への道を課してきたではありませんか。

カレンダーで確認したところ、
5月末まで、木曜日は20回。
祝日関係なしで皆勤しても、25ポイントには届かない。
どこかで1000円以上食べるか、前回のように2つ押してくれるラッキーパンチでもないと、ゴールが見えてこない。

やはり、一人では無理か。
誰かを連れていくしかないんでしょうかね。

みなさん、僕と王将に行きませんか?
もちろん、僕のおごりで(笑)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ZO SKIN HEALTH

セイン・オバジ氏が
35年以上にわたる研究によって開発し、
誕生させたスキンケアプログラムです。

“ZO SKIN HEALTH circle”

ハイドロキノン+トレチノインを使用した約18週間のアグレッシブなプログラムを乗り越えた人のみが得られる、
ハリと透明感のあるお肌 =スキンヘルス(美しく健やかな肌)

昨年後半くらいからでしょうか、
当院のお客さまからの問合せもチラホラ増えてきました。

年末には、
「他院さんで試しに買って使ってみるから、良かったら採用してね」
と複数の方からお願いされ、
そんなスゴイ化粧品はなんぞや、と先日、販売代理店の方に来てもらって説明してもらいました。

皮膚科専門医ではないし、男性医師ということもあり、
女性の繊細な肌についての見識は、どうしてもレーザー機器治療に頼りがちになってきました。
結果が気がつけば機械だらけの院内です。

化粧品についてはどうしても後手に回ります。
それでも薬剤は、
トレチノインやハイドロキノンのようなダウンタイムのある古典的なものよりも、
トラネキサム酸ローション・クリームやアスタキサンチン配合ジェルのような、無害で、かつより効果的で新しいものを探し出してきました。

ただ、このZO SKIN HEALTHに関しては、
どれだけお肌がカサカサになろうが、
どれだけ悲惨なくらいに真っ赤になろうが、
3か月後に美しい肌を手に入れるんだ、という覚悟と相当な決意を持って臨まれている。
まさに、“化粧品の黒船”到来を感じたわけであります。

そんな、女性を夢中にさせる黒船化粧品の正体は、いったいなんぞや。
興味津々に説明を聞いていたら、最後に、

『先生も1ヶ月試してみてください』

とサンプルを渡されてしまいました。

えっ、僕ですか!?
おっさん別に美肌いらんけど、、やるの?
おっさん、カサカサになって真っ赤になって、結局ツルツルになってどうする?
いや、サーマクールみたいに広告塔にでもなるのか。

正直、悩んでいます。
僕はどうすべきなのでしょうか。
どなたか、僕を救ってください(笑)

時期は未定ですが、導入は決めています。

興味のある方は、ご来院時にでも声をかけてください。
メール受付けも開始しますので、お気軽にお問合せくださいね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
というわけで、ダウンタイムのあるZO SKIN HEALTHによる治療過程において、
治療効果などの経過を見ていくために、
今年に入って、スペースの都合で倉庫行きを命じられていた
『肌診断装置 re-BEAU2』
が、再び診察室に引っ張り出されることになりました。
元々どでかい上に不安定なキャスターに乗っていて、機動性も欠いていましたので、
もう少しスリム化して再デビューさせたいと思っております。
それにしても、
機器が増えすぎちゃいましたね。
狭い院内、どこに置けばいいのだろう。
春にULTRAcel Q+が来ると、やっぱり倉庫行きになってしまうかも…。
悩みは尽きませんね。

宝塚ヒルズクリニック