みなさん、こんにちは。

 

昨日のラグビー日本代表の激闘には本当に感動しました。

関東・東北を縦断した台風19号の爪痕が深く残り、試合どころではなかったはずですが、
いろんなプレッシャーに負けることなく、多くの関係者の尽力によって開催にこぎつけることができました。

国をかけた真剣勝負。
チーム一丸となって自己犠牲のもとに楕円球を前へと繋いでいくプレーには頭が下がる思いで、特に終盤30分は正座して観戦していましたが、
その試合を支えたすべての日本人の底力が結集され、身震いすら覚えました。

念願のベスト8。
『ブレイブ・ブロッサムズ(日本代表の愛称)』の大健闘は、来年のオリンピックにもつながるでしょう。
日曜日のNZ戦も、存分に応援しようと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

アスタキサンチン 
  &
コエンザイムQ10(CoQ10)

アンチエイジング業界では、この2つの物質が、ホットです。
化粧品だけでなく、サプリメントとしても大変注目されています。

当院では、別成分ではありますが、粉末タイプの『HGH PROLINE』を取り扱っていました。
商品のサイズが大きく、溶かして飲む必要があるなど、難点があるため、これに変わる魅力的な商品を探していました。

知人医師の強い紹介もあり、ようやく有力なサプリにたどり着きました。これまでサプリメントに否定的だった知人(僕もそうですが…)が、これを飲んだら体がとても軽くなり、今では手放せなくなったと言っていました。

そのひとつが、
“還元型”コエンザイムQ10のトップメーカー、KANEKAによる
『エナジーアシストQ10 PRO』

もうひとつが、
国内で初めてアスタキサンチンの生成に成功した、アスタリール株式会社による
『アスタケア』

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

両メーカーからサンプルをいただきまして、
院長自身、現在お試し期間中でございます。

コエンザイムQ10アスタキサンチンともに、強力な抗酸化作用をもち、活性酸素から細胞を守り、老化の原因となる体の酸化(サビ)を防ぐ働きをします。

心不全などの循環器疾患、脳梗塞や片頭痛などの脳神経外科疾患、ドライマウス(口腔乾燥症)のような歯科疾患など、コエンザイムQ10はあらゆる領域での共同研究が進んでおり、治療の補助として積極的に取り込まれていることを、恥ずかしながら存じ上げておりませんでした。もちろん、美容領域においても、大いに期待されております。

このコエンザイムQ10とアスタキサンチン、実生活においてどんな効果があるのでしょうか。

・疲れが取れやすくなり体が軽くなる
・冷えが改善することで、肩こり、腰痛が改善する
・お肌の調子が良くなる
・二日酔いが軽くなる
・目のピントが合いやすくなり、眼精疲労が改善する

などなど、いいことばかりのようです。

効果判定をするために、2ヶ月服用した後、2ヶ月休薬する試みがなされるみたいです。多くの方が休薬の2ヶ月間に耐えられず早急な再開を希望される、というような報告も多くあるようで、それだけ、効果を実感されている証拠でもあります。

院長個人的には、

・疲労回復
・良い目覚め
・眼精疲労回復

この3点にフォーカスして飲んでみようと思っています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

美容医療領域でも注目されていますが、まだ採用しているクリニックは多くないようです。

体質改善は嬉しいですが、肌質の改善も実感できるでしょう。
そして個人的には、美容機器治療による熱ダメージ後の再生反応が増強されるのではないか、

すなわち、治療前後に服用することによって、
・ウルセラによるリフトアップ効果がアップする
・サーマクールFLXの小顔効果が強くなる
など、治療効果の増強と、持続期間の延長にも寄与すると考えています。

院長自身が効果を実感できれば、ウルセラやサーマクールFLX治療との併用を、セット価格を設定するなどによって積極的に進めていこうと考えています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

健康維持のためには、まず生活習慣の悪化を防ぐ努力をすること。できれば改善をすること、これが大前提なのは間違いありません。さらにこのサプリメントが、みなさまの健康でアクティブな生活を、強力に後押ししてくれることが科学的に実証されているわけですから、試さないわけにはいかないのです。。

服用を始めて1週間。
経過はまた報告しますね。

確かに、先日の二日酔い、これまでより、かなりマシなような気がします。
朝の目覚めも良くなったかな。
目の疲れも改善しているような。

宝塚ヒルズクリニック