ウルセラでアンチエイジング

ウルセラでアンチエイジング

ウルセラとは?

ダウンタイム無しで手術に劣らない
本格リフトアップが可能となりました。

『リフトアップ』で米国FDAの承認を受けているのは「ウルセラ」だけです。

ウルセラとは?

『ウルセラリフト』とは、ウルセラシステムという医療機器を用いて行う、切らないリフトアップ治療のことです。ウルセラシステムは、超音波のエネルギーによりメスを使わずに本格的なリフトアップを可能にした唯一の「たるみ治療」マシンです。

ウルセラシステムは2004年にアメリカで開発され、数々の医療研究機関で臨床実験を重ねてきた結果、その有効性や安全性が立証され、FDAで唯一、リフトアップ効果のある医療機器として認可されました。

※FDA(=Food and Drug Administration、米国食品医薬品局)日本の厚生労働省にあたるアメリカの行政機関

顔には、皮膚と筋肉の間に薄い繊維の膜(SMAS)が一枚あり、皮膚を支える土台である、この「SMAS層(表在性筋膜)(皮下4.5mm)」にまで熱凝固を加えることで、緩んだ皮膚とSMAS層を収縮させ、フェイスリフト手術と同じような効果が期待できます。以下の①②の作用機序によってリフトアップ効果を発揮していきます。

  • たんぱく質変性(施術直後)
  • コラーゲン増加(施術直後~3ヶ月後)

さらに、1.5㎜の浅い層に照射できるカートリッジが新たに加わったことで、目元や口回りの小じわ、肌のキメやハリに対する治療も可能になり、ウルセラシステムの適応がますます広がっています。

近年、フェイスリフトと言えば、『サーマクール』が主流でしたが、『ウルセラ』と『サーマクール』の一番の違いは、熱が到達する深さで、ウルセラの特徴である4.5mmの深さにはサーマクールでは届きません。4.5mmの深さは“顔面の筋肉”に達する深さで、この層に熱凝固を加えることで強力なリフトアップ効果を発揮します。

これが『切らないフェイスリフト手術』といわれる所以で、世界的に注目を浴びている治療です。
宝塚ヒルズクリニックでは、神戸、西宮、川西、尼崎、伊丹、大阪・北摂(豊中・箕面・池田)からもウルセラを目的に多くの方にご来院頂いておりますので、まずはご予約の上、無料カウンセリングにお越しください。

ウルセラの3つのメリット

  • 従来の「切らないたるみ治療」の中では、最大のリフトアップ効果《米国FDA認可》
  • たった1回の治療で、約半年~1年程度効果が持続
  • 超音波の照射のみで、ダウンタイムが無く安心安全

ウルセラの効果

4.5mm、3.0mmの効果

  • まぶたとまゆの上を引き上げる事で、目の開きを良くする
  • ほうれい線が浅くなり、若返った表情になる
  • 頬や首元のたるみが改善する
  • フェイスラインがすっきりする

1.5mmの効果

  • 肌のキメが整い、ハリが増す
  • 毛穴が引き締まる

ウルセラの施術の範囲

ウルセラの施術の範囲

ウルセラリフトは、額(眉上)、こめかみ、目の下、頬、顎(あご)下、頸部(首)など様々な部位に適応が可能です。
上眼瞼(うわまぶた)、鼻周囲には照射できません。

ウルセラの効果は、ショット数と出力に大きく左右され、出力は強く、ショット数は多い方が効果は出やすくなります。

神戸、西宮からすぐの宝塚ヒルズクリニックでは、お一人お一人のお肌の状態を細かく診察し、各部位に適した出力とショット数がガイドラインを下回ることなく、個別に設定を行いながら丁寧に施術し、最高の結果を引き出せるよう尽力致します。

ウルセラの痛みについて

神戸、西宮からすぐの宝塚ヒルズクリニックでは、2014年2月にウルセラシステムを導入後、たくさんの患者様に施術させて頂いておりますが、施術中の『痛み』については、『我慢できない痛みではない…』という感想を多く頂いております。
深さによって痛みの感じ方に違いがあるようです。

4.5mm

非常に細かなチクチクする痛みが皮膚の深いところにズシっとくる感じです。顎(あご)下が痛いようです。

3.0mm

4.5㎜と比べると痛みは軽微です。額(眉上)が最も痛いようです。

1.5mm 

麻酔クリームを塗って行いますが、それでも皮膚表面がちょっと痛い感じがあります。

痛みそのものについては個人差がありますが、それでも『痛いので出力を下げて欲しい』という方はいらっしゃらないのが現実です。照射の仕方をランダムにしたり、時間をかけて丁寧に施術することで、痛みを出にくくすることも可能です。

当院は“料金に見合った効果を出すこと”を最優先としているため、患者様からのご要望がない限り、ショット数や出力はガイドライン(基準出力)より下げることはなく、お肌の状態によっては追加サービスでショット数を増やし、施術後は冷却パックによって急速に鎮静させ、鈍痛やわずかな腫れを抑えます。

どうぞ安心してお任せ下さい。

ウルセラのダウンタイムとリスクについて

ウルセラのダウンタイムとリスクについて

『ウルセラ』はリスクの少ない治療として定評があります。
4.5mm、3.0mmについては、基本的にはダウンタイムはないと考えてください。
フェイスライン~顎(あご)下では、施術後2,3日ほど軽いむくみ(腫れ)がみられますが、他人には分からない程度です。

また、4.5mmでは熱凝固が“顔面の筋肉”に及びますので、2,3週間ほど軽い筋肉痛を訴える方がおられますが日常生活には全く支障はございません。
微細な毛細血管に熱損傷が加わることで軽い内出血を起こす方もまれにおられます。

1.5mmでは、照射面に沿ってミミズ腫れのような線状痕跡が出ることがありますが、冷却などにより数時間で、長い方でも2,3日で消失します。
翌日には問題なくお化粧できますのでご安心ください。

ご予約・お問合せは
お気軽に

しみ・たるみ・小じわなど、
様々な症状で悩みを抱えている方は
無料カウンセリングを是非ご活用ください。
最適なご提案をいたします。

しみ・たるみ・小じわなど、
様々な症状で悩みを抱えている方は
無料カウンセリングを是非ご活用ください。
最適なご提案をいたします。

pagetop